読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

リミニへ向かう列車の中

イタリア(旅)

Ciao! Emiです。

 

空港からバスで約30分ほどでボローニャ駅に到着。

今度は列車でリミニ(Rimini)に向かわなくちゃ!とさっそく切符売り場へ。

窓口は長蛇の列・・・券売機もあるけれど、初めてで操作できる自信はないし

一応メモに『 Rimini andata(片道) seconda(2等席) 』など

キーワードを書いて並んでみる。

やっと私の番になり「リミニに行きたいのですが・・・」と言うと

すかさず「リぃ~(←巻き舌!)ミニね?」と発音を直される。

(そうだった!Rから始まるから巻き舌よね・・・)と気を取り直し

何とか希望の切符を買うことができました(はぁ。。。)

  

私が乗った車両はコンパートメントと言って6人掛けのボックス席

(ドアもあり小さい部屋のようになっている)が並ぶ車両で、

車内は比較的空いていたので空いている席を見つけて声をかけ、

コンパートメントに座ってみる。

 

緊張しながらしばらく電車に乗って様子をうかがっていたところ

一応、次の駅のアナウンスは流れるものの

周りが騒がしいと聞き取りづらく、駅のすぐ近くでしか

アナウンスがないので、リミニでちゃんと降りられるか心配になった私。

コンパートメント内でおしゃべりに花をさかせていた

シニョーラ(signora=ご婦人)に「リミニはあとどのくらいで到着しますか?」

と聞いてみた。

 

するとシニョーラは

リミニで降りるの?だったら近くに来たら私が教えてあげるから

大丈夫よ~!任せなさ~い!」とばかりに胸をたたくジェスチャー

したので ここは甘えることにして「グラッツェ~(Grazie=ありがとう)

と元気にお返事。

 

しかしまた問題が・・・最初は空いていた車内でしたが、

途中からどんどん人が乗ってきて コンパートメントの外の通路は

大きな荷物と人でいっぱいに。。。

私も大きなスーツケースがあるので 人ごみの中 荷物を押して

降車口の扉まで(3~4m程)たどり着いて ちゃんとリミニで降りられるかしら?

といささか不安になっていました。

 

そしてついにシニョーラが 「次がリミニよ~!」と。

一瞬戸惑っていると 

「彼女(=私)が次で降りるから道を開けてあげて!」(←たぶんそんな感じのこと?)

と叫んでくれて、さっと通路に隙間が・・・必死にスーツケースを押して

何とか扉までたどり着いた! 

そしてシニョーラに「グラッツェ~!」とさけび手を振って

無事に リミニ で降りることができたのでした。