読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

花の都フィレンツェへ・・・念願のウフィツィ美術館と散策も

イタリア(旅)

Ciao! Emiです。

 

フィレンツェ(Firenze) 2日目です。

私にとってのフィレンツェの目玉は なんと言っても

ウフィツィ美術館(Galleria degli Uffici) です。

ここは絶対に並ぶと予想されるので 朝一番で目指しました。

(予約も取れるそうですが、何しろ気まま旅なので・・・(笑))

 

ウフィツィ美術館に向かう途中に

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会のある広場を通りぬけます。

本当はこの教会も見学したいのですが、今回は時間の関係で断念。

次回は入りたいです。。。

 

f:id:animarosea:20160919174426j:plain

 

 

車には詳しくないのでよくわかりませんが、

ルパン三世が乗っているような カッコイイ車を発見!

イタリアっぽいですね~

(そういえば ルパンもイタリアに登場してますよね)

 

f:id:animarosea:20160919174511j:plain

 

アルノ川沿いを歩いていると お店のウィンドウに ピノッキオ発見!

(お店は日曜のため、閉まっていました)

赤い服を着ているイメージのピノッキオですが、

これはなんだかシブイです。

これ全部 部屋に飾りたいなぁ。。。

 

f:id:animarosea:20160919175116j:plain

 

やっと ウフィツィ美術館に到着するも、やっぱり長蛇の列。

気長に並ぶしかないですね~ ^^;) 

 

妹とおしゃべりしながら並んでいると、すぐ前に一人で並んでいた

日本人のおじさまに声をかけられました。

「二人で出張で来ているんだけど、男2人ではつまらないので

夕食ご一緒しませんか? ご馳走しますよ。」 とのこと。

妹と顔を見合わせましたが、丁重にお断りしました。

約束してしまうと その時間を意識して観光しないといけないし、

イタリアで わざわざ日本人のおじさまと食事しなくても・・・と。

ごめんなさい。。。

 

1時間くらい並んだでしょうか?ようやく中に入ることができました。

ウフィッツィは ルネッサンス美術の世界最大の宝庫 と呼ばれるだけあって

レオナルド・ダ・ヴィンチラファエロ、ジョット、ミケランジェロ

カラヴァッジョ、フィリッポ・リッピ などなど、

超一級の傑作が多く所蔵されていて、もうそれだけでも大興奮ですが、

私の1番は ボッティチェッリ(Botticelli)です。

 

サンドロ・ボッティチェッリは フィレンツェが生んだ名匠で

誰もが知っている あのヴィーナスの誕生を描いた画家です。

中でも私のお気に入りは プリマヴェーラ(primavera=春)」

絵葉書などは持っていましたが、実物を見ることが出来て 超感動でした!

 

ウフィッツィの中でも 各巨匠が1室ずつ展示する部屋を割り当てられているなか、

ボッティチェッリだけが5室(実際には大広間のようになっている?)も

展示されています。

 

ここでは しっかり目に焼き付けておきたかった為、妹とも離れて

おのおののペースで見学することにしました。ちなみに写真撮影は禁止です。

それにしても、これらの作品のほとんどがメディチ家のコレクションだなんて

びっくりです。

 

午前中いっぱいを使って たっぷりルネッサンス美術を堪能した後は散策です。

その前に腹ごしらえ。美術館の出たところにカフェが並んでいるので

そこで軽く昼食をすませました。

ポンテ・ヴェッキオ(ponte vecchio=ヴェッキオ橋)を渡り、しばし高級な

貴金属を目の保養にし(橋の上に多くの貴金属店が立ち並んでいるので)、

丘の上を目指します。

 

f:id:animarosea:20160919174617j:plain

 

丘の上にあるミケランジェロ広場に向かって坂道をひたすら登っていた時、

「キャ~ッ!」と遠くで悲鳴が・・・何事?と様子をうかがっていると、

上から降りて来た人が「露出狂が出たみたいだよ。」と教えてくれました。

「えっ?露出狂???」 イタリアにも居るのですねぇ。。。(苦笑)

 

私たちは遭遇することもなく、無事ミケランジェロ広場へ到着。

ここはフィレンツェの街を一望することができる場所で

たくさんの人が訪れていました。

広場の中央には その名の通りミケランジェロの作品があります。

ダヴィデ」の彫像ですが、これはレプリカで

本物は 同じくフィレンツェの アカデミア美術館にあるそうです。

 

しばしフィレンツェの景色を堪能。

ドゥオーモも 鐘楼も アルノ川も 見えま~す!

写真はイマイチですが・・・(>_<)

夜はまた違った風景になり 素敵だそうです。

広場はライトアップもされているようですよ。

 

 

f:id:animarosea:20160919174807j:plain

 

 丘を降りて、街を歩いていると またもや チェラミカが・・・

ホントにイタリアの至る所で見ることが出来ます。

街やお店によっても個性があって 見てるだけで楽しいです ♪

 

 

f:id:animarosea:20160919175041j:plain

 

 

f:id:animarosea:20160919175057j:plain

 

 サンタ・クローチェ教会にも行ってみました。

17:30までしか入れないので、当然閉まっていましたが(この時すでに19:30頃)

もう夕暮れ時だというのに 青空とのコントラストが美しかったです。

ここもホントは 中を見学したかったです。

ミケランジェロガリレオなど偉人のお墓や、美術品もたくさん

あるんですよね。。。

 

f:id:animarosea:20160919175211j:plain

 

 

 最後に ポンテ・ヴェッキオから見た夕日です(20:30頃)

日本では あまり夕日をゆっくり眺めることが無いので(時間的に難しいし)

こういう時間ってすごくいいです。ぼ~っと夕日が沈むのを眺めてしまいます。

 

f:id:animarosea:20160919175134j:plain

 

いっぱい歩いたなぁ~ というか、朝からほとんど座ってない。

フィレンツェはそんなに大きな街ではないですが

美術館もたくさんあるし、観光スポットも多いです。

バスで移動・・・というのもありですが、バス停の場所や時間など

調べているのも結構時間がかかるので 私たちはひたすら歩きました(笑)