読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

いざイタリアへ出発~!

Ciao! Emiです。

 

準備も整い、いよいよイタリアへ出発~!となったわけですが、

一人で海外へ行くのはその時が初めてで、しかも乗り継ぎありだし

「わたし大丈夫~?」 と思いながらも

「まぁ自分で決めたことだし、何とかなるわよ!」と  

またまた 女は度胸! な私は けせらせら な感じで いざ出発~!

 

乗り継ぎはパリで、広い空港と聞いていたのでちょっぴり不安でしたが  

案内通りに進めばちゃんと乗り継ぎ先のゲートへ辿り着きました。

(当たり前ですが) ただ早朝到着だった為、空港内は薄暗く

お店も何も開いてないので、ただただベンチに座って

搭乗時間までの数時間を過ごさなければいけなかったのは

ちょっと辛かったです。。。

 

そこから小さい飛行機で ボローニャ(Bologna) へ。

ついにイタリアに到着しました~!

 

そこで問題発生?!

飛行機を降りて流れに合わせて到着口へ向かっていたのですが、

あっという間に荷物受取所へ出てしまいました。

「えっ?あれっ?入国審査は?」と緊張気味だった私は

すっとばしちゃったのかしら・・・と、あせってしばらく逆戻り。

空港のスタッフを見つけて「入国審査はどこ?」とイタリア語で聞いてみるも

「は?」というジェスチャーで相手にしてもらえません。

どうしようと焦りつつも、とりあえず荷物をピックアップし

到着口から出てみる。

 

でも。。。入国審査してなくて不正入国なんてことになったら大変!!

と今度は空港内の派出所みたいなところを見つけたので

「警察官なら大丈夫よね?」とまたまた「入国審査って?」

と聞いてみるも「うん?」という反応。

 

「パスポート見せて。これからどこへ行くの?」と聞かれ

しどろもどろながら「リミニへ。。。」と私。

パスポートを見て 「入国スタンプがないね。どこから来たの?」

と言われ、学校に通うために東京からでパリで乗り換えて来た旨を

伝えると

「じゃあ明日 クエストゥーラ(questura=警察署)に行って

滞在許可証を申請してね」

と言われ(この時点でちゃんとイタリア語しゃべれないし

ヒアリングも全然自信なかったけど、たぶんそんなことを

言われたと思う(笑)) 「Ciao!」と見送られた。

 

「う~ん いいの?ホントにいいの これで?

 私、不正入国にならないよね?」と不安になりながらも

もうこれ以上の答えは出てこないと判断し、あきらめて

案内所でボローニャ駅へ向かうバス乗り場を確認し、

とりあえずボローニャ駅へ向かったのでした。

 

後からわかったのですが、シェンゲン国(ここではパリ=フランス

で乗り継いだ場合、そこで入国審査が行われているので

最終目的地(ここではボローニャ)では何も審査なく入国できるそうです。

 

・・・こんなことも知らずに、よく一人で行ったな~ と自分に感心(笑)

でも、パリでは何も質問もされずスタンプも押してくれなかったから

わからなかったのよ~(涙)

 

というわけで最初からやられて(?!)しまいましたが

次回は リミニ(Rimini)へ向かいます!