読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

モザイクの街ラヴェンナ観光②ダンテのお墓参り

Ciao! Emiです。

 

サンタポッリナーレ・ヌオーヴォ教会で すばらしいモザイクを見た後は

次の目的地 ネオニアーノ洗礼堂(Battistero Neoniano) と

大司教博物館(Museo Arcivescovile) に向かうつもりでしたが、

地図を見てみると その途中に 『ダンテの墓』(Tonba di Dante)があるので

立ち寄ってみることにしました。

 

ダンテって誰? もちろん あの『神曲』を書かれた 詩人で哲学者の

ダンテ・アリギエーリ(Dante Alighieri)です。

故郷のフィレンツェを追放され、1316年にラヴェンナの貴族の家で職を得て

神曲』を書き上げました。

1321年9月14日に没しましたが、ここにあるお墓は18世紀末に造られたそうです。

亡くなってから ずいぶん経ってから造られたんですね。。。

 

 

サンタポッリナーレ・ヌオーヴォ教会から グワッチマンニ通りをまっすぐ行き 

通りから右側へ曲がった奥の方に  サン フランチェスコ教会 があります。

この教会のすぐそばに ダンテが祀られている建物があります。

 

f:id:animarosea:20170326162402j:plain

 

 

教会の中庭です。中には入っていないので フェンス越しに撮影しました。

男性と女性が向き合っています。間にあるのは 井戸かな?

 

f:id:animarosea:20170326162412j:plain

 

 

こちらが ダンテさんのお墓がある建物です。

人が並んでいたので すぐわかりました。

 

f:id:animarosea:20170326162253j:plain

 

 

白い建物の中に ダンテのお墓がありました。

りっぱなお墓ですね。

扉のすぐ中にフェンスがあるので お墓の前までは行けませんが

後ろに並んでいる人たちも おとなしく待っていてくれるので

扉の所からお祈りすることが出来ました。

 

f:id:animarosea:20170326162321j:plain

 

 

f:id:animarosea:20170326162349j:plain

 

 

ラヴェンナには モザイクを見に来たのですが、

思いがけず ダンテさんのお墓参りも出来て 何だか嬉しかったです。

 

 


にほんブログ村