読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

リミニの街を歩いてみる④トレ・マルティーリ広場へ

Ciao! Emiです。

 

2000年前に造られた橋、ティベリオ橋を後にして

次は トレ・マルティーリ広場 へ向かって歩いてみました。

 

通りをのんびり歩いていると 小さい礼拝堂(capella=チャペル)?のような場所

(マリア様が飾られていてお祈りをする所)がありました。

こういう場所は たいがいオープンになっていて 

誰でも入れるようになっています。イタリアでは 街中で結構見かけます。

私は 見かけるとついつい立ち寄ってしまいます。

装飾がキレイだったり・・・というのもありますが、なんだか心が落ち着いて

穏やかな気持ちになれるからです。

 

f:id:animarosea:20170123190449j:plain

 

 

99centショップ日本の100円均一のようなお店)もありました。

ちなみに 1ユーロは 100チェンテージミ(centesimi)です。

(※チェンテージモ(centesimo)の複数形が チェンテージミです。)

日本の100均の方が 品ぞろえやクオリティ面でははるかに上ですが

結構おもしろいので、見つけると覗いてみたくなります。

この時は クリスマス前だったので、クリスマス用の飾りやラッピング用品が

メインで置いてありました。

 

f:id:animarosea:20170123190941j:plain

 

 

変わったものがウィンドウに並んでいるお店も発見!

閉まっていたので中には入れませんでしたが、何屋さんなのかしら?

f:id:animarosea:20170123191853j:plain

 

 

ティベリオ橋から 途中寄り道しながら歩くこと10分くらいでしょうか?

街の中心 トレ・マルティーリ広場(Piazza tre martiri)に到着です。

この広場は 古代ローマの重要な出来事の舞台にもなっています。

 

カエサル (ガーイウス・ユーリウス・カエサルジュリアス・シーザーが 

兵士たちを前に この広場で演説を行ったと言われています。

そしてこの広場には カエサルの像があって、ローマの方角を向いているそうです。

(残念ながら 写真を撮り忘れてしまいました。。。(涙))

 

トレ・マルティーリ(Tre martiri) はイタリア語で「3人の殉教者」の意味です。

第二次世界大戦末期に退却する  ナチス軍によって絞首刑にされた

3人のリミニ市民を讃え、トレ・マルティーリ広場 と名づけられました。

 

広場の中心には 16世紀半ばに建てられた 時計塔 があります。

  f:id:animarosea:20170123192116j:plain

 

f:id:animarosea:20170124192742j:plain

 

 

こちらは 聖アントニオ小寺院(Tempietto di Sant'Antonio)です。

八角形をしています。手前にある小さいのと親子みたいで可愛いですね~(笑)

f:id:animarosea:20170123192233j:plain

 

広場の周りには カフェやブティックなど いろんなお店が並んでいて

今は 人々の憩いの場となっているようです。

 

 

広場の近くに ちょっと気になる路地があったので 行ってみました。

 

f:id:animarosea:20170124193002j:plain

 

 

奥には 手芸店など いくつかお店がありましたが、お休み中でした。

開いていたら 入りたかったなぁ。。。

f:id:animarosea:20170124193144j:plain

 

 

なんか雰囲気ある路地ですよね~

f:id:animarosea:20170124193018j:plain

 

 

次は アウグストの凱旋門 へ向かいま~す。

 


にほんブログ村