読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

リミニの街を歩いてみる②カヴール広場周辺とTIMショップ

Ciao! Emiです。

 

リミニ観光の続きです。

TIMショップ をようやく見つけたのは良かったのですが、

受付待ちのお客さんでいっぱいだったため、午前中はあきらめて

午後一番で再度 ショップにいくことにしました。

 

そこで、リミニ観光として、まずはショップ周辺を歩いてみることに。。。

 

ここでリミニ(Rimini) の情報を少し書いておきます。

 

『イタリアのマイアミ』呼ばれているリミニは、

夏はヨーロッパ最大級のリゾート地として多くの人が訪れます。

また、サンマリノ共和国などに行くバスの発着地となっており、

小さい街ながら、知る人ぞ知る観光地となっています。

 

リミニの歴史は古く かつてはローマの植民地でした。

ユリウス・カエサル、アウグスト皇帝、ティベリオ皇帝などによって

色々な建造物が建てられました。今から2000年以上も前に作られた遺跡が

今も残っていて、ローマ以外では最古の遺跡が残る町としても知られています。

 

年に数十回行われている 見本市の開催都市としても有名で、

開催中は 世界各地から訪れる人々でにぎわうそうです。

 

また、映画監督の フェデリコー・フェリーニ(Federico Ferini, 1920-1993)

生まれた町としても有名で、映画フェスティバルが開催されています。

 

 

TIMショップから5分程歩くと カヴール広場(Piazza Cavour) に出ました。

この広場が旧市街の中心地です。

右側の建物が 市庁舎(Municipio) で、正面は ガッリ劇場(Teatro Galli)

中央の像は ローマ教皇パウロ4世(5世?)の像です。

 

f:id:animarosea:20161228195540j:plain

 

 

右側がカランビ館、左側がアレンゴ館

 

f:id:animarosea:20170111192553j:plain

 

 

松ぼっくりが真ん中にそびえ立つ ピーニャの泉

レオナルド・ダ・ヴィンチのお気に入りだったそうです。

 

f:id:animarosea:20170111192556j:plain

 

手前の門は 魚市場跡です。

f:id:animarosea:20170111192607j:plain

 

 

カヴール広場からさらに3分ほど歩くと ジスモンド城 (Rocca Malatestiana)

ありました。

13世紀から15世紀にかけてリミニを治めてきたマラテスタ家が建てたお城で、

今は文化博物館になっているようです。

f:id:animarosea:20161228195648j:plain

 

 

11月の中頃でしたが、わずかに紅葉も見られました。

f:id:animarosea:20161228195733j:plain

 

こんな感じで 雨も一時あがっていたので、プラプラ歩いていたら

あっという間にお昼も過ぎ、TIMショップの午後の営業時間近くになったので

再びTIMショップに向かいました。

 

ショップの中にはすでに2人のお客さんがいて、2人のスタッフが対応していたので

ショップ内で待つこと15分。

 

やっと私の番になり、スタッフのお兄さんに

ipad mini で使用するsimを購入したいのですが・・・」と言うと

すぐに ipad用 のsim(nano) を用意してくれたので、パスポートを提示し

契約書に数カ所サインして お兄さんに ipad mini を渡すと

simカードをセットし、何やら設定してくれた模様。

そして「今日の夜にはインターネットが使えるようになるよ。」

渡してくれました。

「私は何も設定しなくていいの?」と聞くと

「何もしなくていいよ」ということだったので 一安心。

料金は 28ユーロ(約3400円) で1ヶ月間使えるとのことです。

 

ホテルでは 無料wi-fi がつながりますが

やっぱり街中とか 電車の中とかでネットが使えると便利なので

日本では すでに ipad mini  に格安simを挿して使っていたのですが、

今回イタリアで初めて プリペイドsim を使ってみることにしたのです。

 

これで 念願の simも購入できたし、

リミニの観光続行です!

 

 


にほんブログ村