読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

イタリア留学準備編(secondo)④就学ビザ申請

イタリアあれこれ

Ciao! Emiです。

 

先月、イタリアにちょこっと行って 無事帰国いたしました!

かなり、ブログ更新が滞ってしまいましたが、再開したいと思います☆

 

 

イタリア留学準備編で「就学ビザ申請」に至るまでの準備について書いていました。

なので、いよいよ次は 申請 です!

 

とりあえず必要とされている書類とコピー(予備に何枚か取っておいた

方がいいです!)をそろえて

ついに 在東京イタリア大使館 へ向かいます!

 

在東京イタリア大使館は港区三田にあります。

 

受付時間は なんと 月曜日~金曜日 9:30~11:30

各平日の2時間のみなんです!(※最新情報を確認してくださいね)

ギリギリに行くと 混んでいた場合、受け付けてくれないことも

ありますので、時間には十分余裕を持って行かれることをお勧めします。

 

私は9時には到着して、まだ開館していなかったので

周辺をちょっとうろうろして時間をつぶしていました。

9:30に門が開いて、その時点で2〜3人 同じく申請に来たらしき人が居ました。

 

入る前にセキュリティチェックがあるのですが、

私は写真や書類と共に念のためハサミを持参していたところ、

没収されてしまいました!(もちろん帰る時には返してもらいましたが・・・)

 

ハサミを没収されている間に、一番乗りで大使館に到着したのに、

窓口が埋まってしまいました。。。(>_<)

ということで、窓口近くの椅子に座って待つことに。

 

この待つ・・・というのも、何しろ申請するのに一人当たりの時間が相当かかるので

結構待つことになります。でも、人の様子(窓口の人とのやりとり)を観察できる

ので参考(?)になります。

 

窓口の職員は男性も女性もいるのですが、見ている限り 皆さん険しい表情で

ニコリともしていません。

申請者も緊張しているのが伺えます。

会話までは聞こえませんが、何だか厳しくいろいろ追及されているように

見受けられ、私にも緊張感が走ります。。。(あくまでも当時の私の感想です!)

そして、ついに私の番が・・・

 

私の窓口は女性の職員の方でした。

緊張しつつ書類を出します。窓口の方はとても厳しく書類をチェックされていて

私は内心 ドキドキでした。

 

そして 私の 残高証明書 を見ていた時、その女性は口を開きました。

「これじゃぁ足りませんよ!」

「えっ・・・?????」と焦る私。

 

残高証明書は、申請者本人がイタリアで十分に生活できる経済力がある・・・

という証明をする為で、

目安としては 1ヶ月につき10万円 × 滞在期間

くらいが必要なようです。(留学費用としては、その他語学学校の

授業料や航空券、パスポート申請費、保険料などさらに必要ですが、

ビザ申請時点では、すでにこれらは支払われているかと思いますので、

それ以外の費用としてです)

 

私は銀行口座を2つに分けていたので、実は 残高証明書 は2枚あったのですが、

窓口の方は1枚目のみを見て、「足りない!」と言われたようだったので、

「2枚あるのですが。。。(焦)」というと 2枚目を見て

「・・・あぁ これなら大丈夫です・」と。 ホッ。。。。。

 

 

その後も緊張する中、書類をチェックされていたのですが、

「〇〇〇がありませんね。

   〇〇〇がないと申請できませんよ。」と言い放たれました!

(え~~~ 今日申請出来ないの???) ショックを受ける私。

 

※すみません。この〇〇〇が何だったのか今は覚えていません。

 とにかくショックが大きくて。。。。

 

とりあえず書類一式は向こうで預かってくれるとのことで、

その書類が入手出来たら、まずFAXを送るように言われました。

そのFAXが届いたのを確認したら、申請を受け付け発行手続きに

入るから、後日持参するようにと。

 

ここで、私の窓口でのやりとりは終わるのですが、

最初から最後まで、ニコリともしてくれず

(この人たちは、そんなに私たち日本人をイタリアに

行かせたくないのかしら????)と思うほど、

冷たい対応でした。(すみません。当時の私の主観です!)

 

もちろん、厳粛に書類チェックしないと、不正に渡伊する人が

いたら大変だからというのは、わかりますけどね。。。

 

とにかく緊張しました~

帰りに受付で没収されたハサミを受け取って大使館を後にしたのですが、

(また書類用意して行かなくちゃいけないんだ。。。)というショックで

トボトボと帰路についたのを覚えています。

 

そして、家に帰ってもショックのあまりボ~っとしていると

電話が鳴りました。

 

なんとイタリア大使館からです。

緊張して電話に出ると、さっき窓口で対応してくれた女性からでした。

 

さっきとはまるで別人のような 優しい声で

「先ほど用意して頂くように言った書類ですが、預かった書類を

再度チェックしたところ、必要ないことがわかりました。

ですので、このまますぐに発行手続きに入りますね!(うふ)」

 

と ホントにさっきの人? と思うくらいの

穏やかで 微笑みさえ浮かべているかのようなしゃべり方でした。

 

何はともあれ、申請は受け付けられたのね!

もう一回書類持って申請に行かなくていいのね?!

あ~~~ 良かった!

 

というわけで、無事申請が終わったのでした。

 

それにしても緊張を強いられる申請だったなぁ。。。

でも、イタリアで留学している時に知り合った日本人の友達たちと

ビザ申請の話題になった時、誰もが口をそろえて

 

「あれは大変だったよね~! 緊張したよ~!

 もう二度とやりたくないよね~」

 

と言っていたので、(東京で申請した人も大阪で申請した人も複数いました)

やっぱりイタリア留学を考えている人は 避けては通れない難関のようです。。。

 

まぁ こうした苦労を乗り越えれば、楽しいイタリア生活が待っているのですから

留学を考えている方は、めげずに頑張ってくださいね~

 

ちなみに、この申請から約1週間で 無事に「就学ビザ」

受け取ることが出来ました。

 

p>
にほんブログ村