読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

イタリア留学準備編(secondo)①入学許可証

Ciao! Emiです。

 

イタリア留学、特に長期(就学ビザ申請が必須の期間)の場合は

出発したい時期から 遅くとも4~5カ月前くらいから

準備を始める必要があります。

なぜなら 現地とのやりとりも数回行わなければなりませんし、

そろえなければいけない書類も かなりあります。

 

不安な場合は留学の代行をしてくれるエージェントもあるので

そちらに依頼する方法もありますが、当然 費用がかかります。

私は、2度目の留学だし、手続きから留学の第一歩だと思うので、

自分で手続きをすることに決めました。

 

私の場合の手順を書いておきます。

ただし、この情報は当時の情報なので、実際にこれから留学を

考えている方は、最新情報を確認してくださいね。。。

 

ブログ イタリア留学を決意(secondo)

では さらっと入学許可証を受け取った・・・と書きましたが、

ここまででも 結構時間がかかります。

 

 

留学する場所と学校を決めたら、まずは学校にパンフレットを

郵送してもらいます。インターネットである程度の情報は確認できますが

やはり オリジナルのパンフレットは取り寄せておいた方がいいです。

 

パンフレットを請求するのも、手紙や返信用切手なども添えて

郵便で請求したので、日本から現地に届いて、現地からパンフレットが

送られてくるのに2~3週間かかります。

 

パンフレットが届いたら、内容をしっかり確認して

「この学校に行く!」と決めたら、「入学願書」を記入します。

 

入学願書も当然、郵送しなければならないので、時間の余裕が必要ですが、

願書を送る前に「入学申請料」を学校に支払わなければなりません。

学校により とりあえず一部の送金でOKな場合と、全額支払わなければ

ならない場合があり、長期の場合は この時点で結構な費用が

必要になります。

送金の方法は いくつかありますが、私は「国際郵便為替」にしました。

 

この送金した控えと一緒に入学願書を送付しなければ

「入学許可証」をもらえないので、ビザの申請のために早めに

取得が必要です。

 

私の場合、現地の学校に日本人の女性スタッフがいて

その方が対応してくれたので、メールで何度かやりとりをしながら

思ったよりもスムーズに準備ができました。

 

でも、日本人のスタッフがいる学校の方が少ないですし、

基本、英語かイタリア語でのやりとりとなると思いますので

やはり、準備は余裕を持って進めていく必要があります。

 

こうして、「入学許可証」を手に入れたら

次の段階へ。。。

 

 


にほんブログ村