読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

ヴェネツィアに向かう電車の中で・・・

Ciao! Emiです。

 

リヴォルノ(Livorno)を目指すも 辿り着けなかった(=あきらめた)ので

次の目的地 ヴェネツィア(Venezia) 向かうことにしたのですが、

ヴェネチアはさすがにホテルを予約しないと無理かも・・・と思い、

一旦 フィレンツェへ戻りました。

リヴォルノからヴェネチアに行くには フィレンツェ

経由しなければ

ならないので)

 

フィレンツェの駅の観光案内でヴェネツィアのホテルを2泊予約し、

いざ ヴェネツィアへ。。。

 

フィレンツェからヴェネツィアへは 特急に乗ると電車で約2時間。

でも私たちは そんなに贅沢は出来ないので

途中で一度乗り換えるパターンで 少し安く電車代を済ませました。

それでも、ちょうどヴァカンスシーズンということもあり、電車は混んでいました。

 

私たちは コンパートメント(6人掛けのボックス席)

隣同士で予約して乗ったのですが、6席ともうまっている状態でした。

 

ヴェネツィアに行く前に 予習しておこうと ガイドブックを開いて

二人で見ていると、前に座っていたスーツを着たアジア系の二人組の男性の一人が

イタリア語で声をかけてきました。

 

男性:「日本人ですか?」

 私:「そうです。」

男性:「僕たち中国人なんですけど、日本語(漢字)の

    ガイドブックを見ていたので 声をかけてみました・・・

    イタリア語話せるのですか?」

 私:「私は先月まで2ヶ月ほど留学していたので、少しだけ。。。」

男性:「僕たちは仕事で来たんです。この人(もう一人の男性)は

    イタリアに来たばかりなので イタリア語は話せませんが、

    僕は半年ほど居るので 少し話せます。」

 

という感じで、漢字の載ってる本を見て、嬉しくなって声をかけてきたそうです。

もう一人の人は イタリア語も英語も話せない風で 一言も話しませんでしたが、

声をかけてきた男性は、きさくな感じで イタリア語もそこそこ話せるようで

なんとなく私とその人で お互いタコトのイタリア語で会話が

成り立っていました。

 

どこに行くのかと聞かれて、ヴェネツィアに行くというと、

ホテルは予約したの?と。予約してきた・・・と答えると、

ヴェネツィアはホテルも高いし混むので、ひとつ前の駅でホテルを取ると

ずっと安く泊まれるよ! と教えてくれました。

でも、残念! いつもは予約してない私たちなのに、予約しちゃってました。

もう少し早くこの情報を知っていれば、それも考えたのになぁ。。。

 

私たちは途中の駅で乗り換えをしなくてはならなかったのですが、

その中国人たちは さらにもう少し手前の駅で降りる予定だった模様。。。

ところが、私とおしゃべりが盛り上がってしまい、降りる駅を通りすぎてから

乗り過ごしたことに気が付いたみたいで。。。(>_<)

 

そのうち私たちが降りる駅に到着したので、彼らも乗り過ごしてしまったので

同じ駅で降りて、あいさつをして別れたのですが、

私たちは駅のホームが変わるので、階段を降りなければ行けなかったのですが、

重~いスーツケースをもっているため、降りるのに四苦八苦・・・

 

するとそれを見ていた彼らが、スーツケースを持ってくれて

私たちの乗る電車のホームまで運んでくれたのです。。。

 

それでなくても、電車を乗り過ごしてしまって焦っていたのに・・・

「いいよ、いいよ! もうしょうがないし・・・ 良いヴァカンスをね~!」

と見送ってくれました。

 

なんか私とおしゃべりしてたせいで、乗り過ごしちゃって

申し訳なかったのに、荷物まで運んでくれて。。。

本当にいい人たちでした!

 

イタリアで中国人に助けてもらってと、なんか不思議な感じですが、

これもひとつの 出会い ですよね~☆

 

イタリアでは ホントにいろんな人に助けてもらって・・・感謝、感謝です。

日本にいて、こんなに親切にしてもらえることって

あんまり無いかもですよね?!

 

人種を越えて、いろいろな出会いがあるのも、旅の醍醐味ですね~!!