読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

ピサの斜塔は意外と小さい?

Ciao! Emiです。

 

フィレンツェを出発し、次は ピサ(Pisa) へ向かいました。

 

ピサでは駅から近いホテルを取ることが出来ず、

ホテルまでパスに乗っていったのですが、土地勘の無い外国人が

路線バスに乗るのは結構大変!

 

日本の路線バスのように 「次は〇〇です。」な~んて

親切に放送なんてしてくれないので、

地図を見ながら「今、この角曲がったから この辺だよね。。。」

なんて言いながら必死に現在地を探っていると、

乗っていた地元の(?)シニョーラが

「どこに行きたいの?」と聞いてくれたので、住所を言うと

「じゃあ あと2つ目のバス停で降りなさい。」などと

親切に教えてくれたりするのです。。。ありがたいことです!

 

親切なシニョーラのおかげで、無事 駅で予約してもらったホテルにも到着し、

荷物を置いて さっそくあの有名な ピサの斜塔(Torre di Pisaがある

世界遺産の ドゥオーモ広場(奇跡の広場(Piazza dei Miracoli)とも言います)へ。。。

 

f:id:animarosea:20160924225340j:plain

 

広場には手前から 洗礼堂・ドゥオーモ・鐘楼(斜塔) が立ち並び

写真左手には カンポサント(camposanto=納骨堂)もあります。

 

見学は それぞれが有料のため、私たちは 洗礼堂とドゥオーモを

見学しました。

 

ピサでの目玉は やはり斜塔でしたが、実は意外にも小さかったです。

バチカンフィレンツェシエナなど いろいろな場所で

ドゥオーモなど高い所に登ってきた私としては

思ったよりも低くて 「あら?!」というのが正直な感想でした。

 

この斜塔、大聖堂に付属する鐘楼で

高さ約55メートル、8階建ての大理石製です。階段は297段です。

 

1173年に着工されましたが、工事中に少しづつ地盤沈下が起こり始め、

工事中も傾きを修正することができず、そのまま完成させてしまいました。

2000年頃に大規模な改修工事が行われ、現在の傾きは約4度だそうです。

 

斜塔に登るのは 予約しておかないとかなり待つことになるようです。

そして大聖堂などと比べると 入場料も格段にお高い!

・・・ということで、登るのはあきらめ そばで見学するにとどめました(笑)

ちなみに斜塔に登るには 人数制限があって、時間指定を受け、

時間毎に一定の人数で登るルールなっているようです。

 

やっぱり傾いてますね~ たくさんの人数でいっぺんに登ってしまうと

余計に傾いてしまうのかも。。。 

 

f:id:animarosea:20160924231702j:plain

 

 

広場の周りには お土産屋さんが ずら~っと並んでいます。

ここでもチェラミカを売っているお店がありました。

全て青に統一されていて キレイでした。

一つ一つ手作りというより 量産してるなぁ~という感じでしたが (笑)

 

f:id:animarosea:20160924225750j:plain

 

 

広場をゆっくり散策し、広場に平行して建っている

シノピエ美術館(Museo delle Sinopie) にも入ってみました。

もともとはサンタ・キアーラ慈善病院だった建物で、カンポサント(納骨堂)を飾る

フレスコ画の下絵(=シノピエ)が収蔵されています。

下絵なので 華やかさはないですが(赤色の顔料で描かれています)、

フレスコ画の下絵を目にする機会はなかなか無いので、興味のある方はぜひ。

 

夕暮れ時、ホテルに戻る途中でアルノ川沿いをブラブラ歩いていたら

なんだか おとぎの国に出てきそうな可愛らしい教会を発見!

調べてみたところ サンタ・マリア・デッラ・スピーナ教会 でした。

キリストのイバラ(スピーナ spina) の冠が奉納されていたことから

この名前が付いたそうです。

 

f:id:animarosea:20160924225800j:plain

 

さらに散策していると 何の建物かはわかりませんが

窓の装飾が素敵な建物も見つけました。

のんびり歩いていると いろいろな発見があって楽しいです☆

 

f:id:animarosea:20160924225821j:plain

 

ピサは 斜塔だけではなく 他にも見所がたくさんあるようです!