読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

アルベロベッロから南イタリアの旅①

Ciao! Emiです。

 

アルベロベッロに向かう途中で出会った Sさん、

アルベロベッロで出会った日本人のYさんによりつながった

日本人ご夫婦、そして 私と妹。。。

 

不思議なご縁で出会った日本人5人で南イタリア プーリアの旅』

となりました。

そして、Yさんがチャータしてくれた大型タクシーに乗るべく

朝早くに アルベロベッロの広場に集まりました。

 

f:id:animarosea:20160905231209j:plain

 

タクシーの運転手さんは もちろんイタリア人で(Yさんの旦那様 Aさん

の知り合いとのこと)イタリア語しか話せないのですが、

ご夫婦のうちの奥様は1年間イタリア留学した後の旅行ということで

イタリア語が話せましたし、私もちょこっと留学したので(笑)

片言のイタリア語は話せます。Sさんもさらにちょこっとは

イタリア語がわかる・・・ということで、何とかコミュニケーションは

取ることができました。

 

今回のこの 南イタリア日帰りの旅は、私たち5人にとって

予想外の旅だったため、現地情報をほとんど知りませんでした。そこで、

運転手さんにお任せで おすすめの町へ連れて行ってもらうことに。。。

(ある意味 ミステリーツアー?)

 

最初に向かったのは ポリニャーノ・ア・マーレ(Polignano a Mare)

切り立った岸壁にそそり立つ美しい街並みとエメラルド色の海が美しい所です。

 

f:id:animarosea:20160905233209j:plain

 

f:id:animarosea:20160905231718j:plain

 

上の写真の左側、工事中の崖の上に何か写ってます。

拡大してみると・・・

f:id:animarosea:20160907194527j:plain

なんと 恐竜? ゴジラ?が 立っていました!

海を眺めているのでしょうか?

 

 

街の中は こんな感じです。

暑いので 誰も居ませんでしたが・・・

f:id:animarosea:20160905231835j:plain

 

そしてここで有名(らしい)のが 洞窟レストランの

リストランテ「グロッタ・パラッツェーゼ」

ホテルにあるレストランで、南イタリアでも最高の味(と値段)だそうです。

夕食のみの営業とのことで 見学だけさせてもらいました。

f:id:animarosea:20160905233359j:plain

f:id:animarosea:20160905231911j:plain

 

 

次に向かったのは オストゥーニ(Ostuni)です。

「丘の上にある白い迷宮の町」と言われているところで

周囲は見渡す限りのオリーブ畑、背景にはアドリア海 と、

まさに、オリーブ畑の海に浮かぶ白亜の要塞といった感じです。

f:id:animarosea:20160905234257j:plain

 

f:id:animarosea:20160905234428j:plain

 

f:id:animarosea:20160905234454j:plain

 

チェラミカ(ceramica=陶芸) のお店もありました。

f:id:animarosea:20160905234509j:plain

 

最後に チステルニーノ(Cisterninoへ向かいます。

②へつづく。。。