読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

憧れのアルベロベッロへの道

Ciao! Emiです。

 

いよいよ憧れのアルベロベッロ(Alberobello) に向かいます。

 

アルベロベッロは プーリア州にある

「とんがり屋根に白い壁のトゥルッリがあふれる世界遺産の町!」です。

 

トゥルッリ(Trulli)とは 白い漆喰塗りの壁に円錐形のとんがり屋根が特徴的な、

この地方のみでみられる建物で、接合剤を使わず石を積み上げていく

独特の建築方法で造られています。

アルベロベッロの旧市街にはトゥルッリの家々が密集し、その風景は

まるでおとぎの国のような雰囲気に満ちています。

 

イタリアに行ったら 絶対に訪れたいと思っていた町でした!

 

ナポリ(Napoli) から まずは バーリ(Bari)トレニタリア

(Trenitalia=イタリアの鉄道会社)で 約4時間かかります。

そして今度は バーリから私鉄線の SUD-EST線で 約1時間半。

乗り継ぎ時間もあるので、ほぼ1日がかりの移動となります。

 

朝8時ごろ出発して お昼ごろ バーリに到着。

私鉄線で アルベロベッロ行きの切符を買ったのですが、

私鉄線の本数は少なく、1時間程 待ち時間がありました。

売店でパンなどを買い、軽く昼食を済ませて

私鉄線のホームで妹とおしゃべりしながら待っていました。

 

すると、日本語で話しかけてくる人が・・・

私たちが日本語でおしゃべりしているのを聞いて

声をかけてきたとのこと。

日本人の30代男性の一人旅の人で、アルベロベッロに行きたいのだけれど

イタリア語もあまり話せないので、良かったら一緒に行ってもいいですか?

という申し出でした。

 

こちらは二人だし、怪しい人には見えなかったので

「旅は道連れ!」と ご一緒することに。

 

電車の中でお話ししたところ、彼は既婚者でイタリア一人旅を1週間程していて

旅の最後に アルベロベッロ を訪れることにしたとのこと。

イタリア語は なんと私と同じく イタリア文化会館 で 3カ月

勉強したそうです! 

 

そんな感じでおしゃべりしていたところ 気が付いたら アルベロベッロへ到着。

3人でホームに降り立った所、前の方から 日本人らしき3人が降りてきました。

その中の一人が 「日本人の方ですか?」と声をかけて来たので

「はい。」と答えると、話しかけて来た女性は アルベロベッロに住んでいて

ユネスコの公認ガイドをしているとのこと。

他の二人は 電車の中で知り合った旅行者のご夫婦(30代)らしいです。

 

その女性は Yさんと言って、アルベロベッロでイタリア人とご結婚されていて

もう数年住んでいるそうで、

「ホテルが決まっていなかったらご紹介しますよ。」と言ってくれました。

ちなみに ご夫婦はホテルは予約済みでした。

 

例のごとくホテルを予約していない私たち。そして バーリでご一緒した

彼(=Sさん) も予約なしとのこと。そこで紹介してもらうことにしたのですが、

「もしご希望ならトウルッリに泊まることもできますが、どうします?」

と言われ、乗り気になったのですが、トゥルッリを丸ごと一軒

借りることになるため(貸別荘のような感じ)、結構なお値段でした。

妹と悩んでいたところ、Yさんが 「3人で泊まるのは?」と。

 

見ず知らず・・・というか、ほんの少し前に会ったばかりの人(しかも男性)と

一緒に泊まる?というのもどうかと思ったのですが、

トゥルッリの中も見せてもらい、寝室も2部屋(一つはダブル、もう一つはシングル)

あったので3人で泊まることは可能でした。

そして3人で割れば、一泊あたりそんなに高くない値段になり、

お互い二泊という条件も当てはまり。。。

 

Sさんは 私たち次第・・・という感じだったので、妹と話し合った結果、

Sさんと一緒に トゥルッリに泊まることに決定!

 

ひょんなことから 3人のアルベロベッロの旅 が 始まったのです。

 

つづく。。。