読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

ウルバニアからローマへ

Ciao! Emiです。

 

いよいよ ウルバニア(Urbania) から離れる時が来ました。

ウルバニアには7月の1週目まで留学生活を過ごし

その後、ちょうど妹も時間のある時だった為、「イタリア旅行がしたい!」

ということで、ローマ(Romaで落ち合うこととなりました。

 

ウルバニアからローマですが、これまた プルマン(pullman=中距離バス)

90分程乗り、鉄道駅のある ペーザロ(Pesaro) まで行き、

そこから急行でローマに向かうのですが、結構な長旅です。

 

一人で(イタリアでは都会?の) ローマに向かうのは 

ちょっぴり不安があったのですが、

ちょうど同じ時期に留学を終える 学校のクラスメイトだった

アメリカ人の M(20代女性)もローマで友達と落ち合うと聞き、

旅は道連れ・・・お互い心強いし・・・ということで

一緒にローマへ向かうことになりました!

 

Mはとても気さくな女の子で、留学期間は短かったのですが、

お互いイタリア語初心者ということもあり 話をすることも多く

年は離れていましたが すぐに打ち解けることが出来たのです(^o^)

 

二人とも相方(私は妹、Mは友達)と落ち合うのはローマ到着の翌日

だったので、到着日は一緒に泊まろう・・・と、Mが オステッロ

(ostello=ユースホステル) を予約してくれました。

実はわたし、ユースホステルは初めてで、バックパッカーの人が

利用する宿泊所・・・と思っていたので、大きなスーツケースを持った

人が泊まってもいいのかしら? とちょっと心配していました。

 

でも M は学生(大学生)で安い所がいい!と言っていたし、予約も取ってくれる

ということで、「これも経験!」と初挑戦?!

 

朝早くウルバニアを出発し、ローマに到着したのは午後2時ごろで

さっそく予約してもらったホステルに向かいました。

 

お部屋は6人部屋で、ベッドがパズルのように(?)並べられていました。

お部屋は6人フルでヨーロッパ系の女の子たち3人と40代くらいの女性が

少し前から泊まっているようでした。

みんなやはりバックパックのようなもので来ていて

スーツケースを持っているのは私だけ。(Mも短期だったので荷物は小さい)

狭い部屋にスーツケースを置くのは気が引けたのと、

全く知らない人たちと同室・・・ということで、とりあえず

ベッドの下にロック付きチェーンでつなげておきました(^^;

まぁ一晩だけだし。。。

 

夜ごはんは パンなどを買ってすませ、疲れていたので早々に休むことに。

シャワーを浴びたかったのですが、他の部屋とも共同のシャワーが2つしかなく

いつもふさがっていたので、夜はあきらめ 朝早めに行くことにしました。

知らないもの同士6人でベッドを並べて寝る・・・なんか不思議な感じでした。

 

次の日は朝早めに起きて(まだみんなが寝ている時間に)

シャワー室に行ったのですが、縦長に広い空間に

便器とビデとシャワーが一緒にあって、シャワーを浴びると

これまた(リミニのホテルと同じように)全てがビショビショになってしまい、

さらにトイレに入りたい人も待ってたりするので

早々にシャワーを切り上げました。ふぅ~

 

お昼頃、Mの友達がローマに到着するので チェックアウト後

ホステルのフロントに荷物を預けて 二人で駅に迎えに行きました。

 ローマの空港からテルミニ駅に到着するホームは一つしかないので

ホームの一番前(必ず降りて来た人が通る)で待っていたのですが

待てど暮らせど お友達は見当たらず、電車を5~6本は見送り

1時間半程待って ようやくお友達に会うことができました!

Mのお友達はアメリカ人でイタリア語は話せず、イタリアも初めてで

空港で電車に乗る場所がわからず迷っていたそうです。。。

 

その後、ホステルに荷物を取りに戻り、Mたちは他のホステルを

予約していたのでそこへ3人で行き、その後、私が予約していたホテルに

ふたりが一緒に荷物を運んでくれました。

 

私の妹は夕方に到着するので、夕食を4人で食べることを約束し

一旦解散。。。夕食はローマ駅近くのレストランへ行きました。

妹は英語が流暢なので、イタリア語を話せないMの友達と盛り上がり、

私とMはイタリア語で会話・・・と何だか不思議な感じでしたが(^^;

楽しく過ごすことができました。

 

そしていよいよMたちともお別れの時が。。。(涙)

別れを惜しみつつ、お互いの旅の無事を祈ってそれぞれの

宿へ帰って行きました。

 

これからは イタリア周遊二人旅 の始まりです。

私のイタリア語だけで大丈夫かしら。。。

(イタリアではあまり英語は通じません)

まぁ ケセラセラ (笑)