読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

熱波のヨーロッパ in イタリア

イタリア(生活)

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

        2016年8月24日に発生したイタリア中部地震により、被災された方、

    親しい方が被災された方に、心よりお見舞いを申し上げるとともに、被災地の

    一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

 

 

Ciao!  Emiです。

 

ウルバニアの留学記もそろそろ終わりです。

6週間の留学生活で体験した 様々な出来事を書き記して来ました。

 

このウルバニア留学の後、ローマ(Roma) に移動し

そこで妹と落ち合って 約一ヶ月イタリア周遊旅行をしたのですが

(このお話は また以降に 綴っていきます!)

実はこの年は 『500年来の欧州の熱波』と呼ばれていて

イタリアを始め、フランス、ポルトガル、スイスなど

ものすごく暑かったのです。

(ちなみに この年の日本は冷夏だったようです。)

 

私は5月の中旬から7月初めまで ウルバニアに居ましたが

7月に入ると急に暑くなってきました。

 

学校に行く途中の商店街に温度計があったのですが、

朝9時前だというのに 温度計には『41℃』とか『42℃』などと

とんでもない数字が表示されていました。

「うそっ?!」と にわかには信じられませんでしたが

息苦しい感じは 初めての体感です。

何しろ 体温をはるかに超えているのですから。。。

 

学校には冷房は無く(ほとんどのイタリアの語学学校には

無いと思いますが・・・ ^^:)

教室内は扇風機が回っていましたが

何しろ気温は40℃を越えているわけですから

熱風を回している状態です。

 

休憩所には 学校がペットボトルの水(常温)を用意してくれていましたが、

とにかく暑く レッスン中も 朦朧(もうろう)としていました。

 

日本(とりわけ東京)の暑さは 湿度が高く ジメジメ、ベタベタ・・・

という感じですが、イタリアは湿度が低い分

ジリジリ・・・というのか 太陽が本当に熱かったです。

 

朝、学校に行く前にマンマに洗濯機を借りて洗濯していくのですが、

洗濯機の脱水がゆるく、洗濯が終わっても結構ボトボト・・・

手でしぼってから干す感じなのですが、

朝9時前に干して1時前に家に帰ってくると マンマが

「早く洗濯物をしまいなさい!そうしないと (日に)焼けて色あせちゃうわよ!」と。

朝、しずくがたれるくらいビショビショだったデニムのパンツでさえ

あっという間に乾いてしまうのです。。。

 

私は 日本に居る時は あまりを飲まないのですが、

(ペットボトルの飲料でも お茶系など味が付いているものが好き!)

本当に暑い時・・・って とにかく体がを欲するのですよね。。。

後にも先にも 夏にあれほどを飲んだのは この年だけです(笑)

 

よりにも寄って こんなに暑い夏に イタリアを1ヶ月弱

旅行の計画を立てていたのですから 大変です。

一番温度が高い時で 『45℃』というのも体験しました(>_<;)

 

でも こんな暑い夏を経験しているから 

「日本(東京)の暑さなんてたいしたことないわ~」とは全然思いません!

だって、温度は30℃とか35℃でも やっぱり湿度が高い日本の夏は

熱波のイタリアより(?) 私にはキツいです。。。

 

そんな暑~い夏でしたが、頑張ってイタリアめぐりをしましたので

またいろんな場所の いろんな出来事も書いていきたいと思います。