読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

『グッビオ』でリフトに乗ってみました!

Ciao! Emiです。

 

イタリア語学校の小旅行で グッビオ(Gubbio) を訪れました。

最初、この小旅行は私と日本人のTくん、そして イギリス人のSが

参加の予定でしたが、先日来た アメリカ人、オランダ人、ギリシャ人の

若い女の子たちがプールに行く・・・というのを聞いたらしく

Sは当日ドタキャンでした。(←そっちへ行ったらしい(怒))

 

ということで、Tくんと二人になりましたが、学校がチャーターしてくれた

車と運転してくれるイタリア人のおじさま・・・の3人で

グッビオに向かいました。

 

グッビオマルケ州ウンブリア州の境にある、中世の街並みと

山岳地帯の自然とが美しく調和したペルージャ県の町です。

 

鉄道で行くのは あまりアクセスが良くない場所にあるようで

今回、車で連れて行ってもらえたのはラッキーでした。

車を運転してくれたおじさまは 夕方にまた迎えに来てくれるとのことで

私たち二人で 町を散策に。。。

 

グッビオの町は 山の頂や中腹に作られている為、散策をするには

ひたすら坂道を歩かなければなりません。

そんなわけで(?)歩くのに必死だった私は ほとんど写真を

撮っていませんでした(T_T)

なので美しい街並みをご紹介する写真が無いのですが・・・

あまりにも衝撃的で これだけは写真に納めた!というものがあります(笑)

 

グッビオの町の 守護聖人 ウバルドに献納された 

サントゥバルド聖堂(Sant'Ubaldo) に向かうためには 徒歩 か 車

または リフト という選択肢があるのですが(山の上にあるため)、

私たちは当然 リフトを選んだわけです。

 

町の外れにあるロマーナ門(Porta Romana)を出て、ちょっと進んだところに

リフトの乗り場があり ここから二人乗りのリフトに乗って行くのですが、

このリフト 立ち乗りで、見た目はまるで 鳥かご または 傘立て(?)のような

足元が透けすけで何とも頼りないリフトなのです。

 

 

わかるでしょうか?この緑の鳥かごのようにぶら下がっているものに

二人で立って乗るんです!

 

f:id:animarosea:20160822002947j:plain

 

私は基本、大丈夫なのですが、Tくんは 高所恐怖症 とのことで

かなリビビっていました。

 

f:id:animarosea:20160822002410j:plain

 

いや、高所恐怖症じゃなくても これはかなり(いろんな意味で)怖いかも?

だって、これに乗って こんな高さまで登って行っちゃうのですから。。。

でも サントゥバルド聖堂 に行くためには これに乗るしかありません!

 

聖堂を見学し、ちょっと休憩して また下へ降りるわけですが

登るより 降りる方がはるかに怖いです。

でも ここでしか(たぶん)乗れないリフトだと思うので

グッビオを訪れたら ぜひ体験してみてください!

 

ちなみに グッビオ は 私のお気に入りのイタリアドラマ

『ドン・マッテオ(Don Matteo=マッテオ神父』の舞台となっていた町

でもあります!(後にロケ地が変更されたらしい)

 

ちょっとドラマのご紹介をすると、ドン・マッテオ

いつも町を自転車で移動している神父さんですが

町で起こった様々な事件を 独自の視点で推理し

解決に導く・・・という 推理物のドラマです。

登場人物がとても個性豊かで、殺人事件なども起こるのですが

全体的に ほのぼのとしたドラマになっています。

(特に 警察官の上司と部下とのやりとりがおもしろくて好きです!)

 

急ぎ足で散策した町ですが、まだまだ魅力がありそうです。

いつかまた 今度はゆっくりと訪れてみたいなぁ~☆