読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

イタリア映画鑑賞

 Ciao! Emiです。

 

ウルバニアで通っていた語学学校は 午後も授業があり

午後のクラスは合同で イタリア語の短編小説や詩を訳したり、

文学についてを学んだりしていたのですが、

特に好きだったのは『イタリア映画鑑賞』の時間でした。

 

学校が保有しているDVDを1つの教室にみんなで集まって鑑賞する・・・というもので、

もちろん字幕は無いので 細かいセリフは全然わかりませんでしたが(涙)

 

でも 映画のいいところは 言葉はわからなくても

視覚で映像を楽しむことが出来ますし、聴覚で音楽を楽しむことも出来ます。

そして 知っている単語を聞きとって、こういうこと言っているんだろうな~

と想像できることですよね。(語学の勉強にも適してるそうです)

 

学校で観た映画は

『Fuochi d'artificio』(花火)出演:Claudia Gerini 監督: Leonardo Pieraccioni

『Ieri, oggi, domani』(昨日・今日・明日) 出演:Sophia Loren  監督:Vittorio De Sica

『 I Girasoli 』(ひまわり) 出演:Sophia Loren 監督:Vittorio De Sica

など。。。(ちゃんとメモっていなかったのでこれ以外はわからず ^^;)

 

本来は違う映画のDVDを先生は用意していたのですが、

生徒の中に ソフィア・ローレのファンがいて

私物のDVDを持ちこんで来たので。。。

 

でも ソフィア・ローレン カッコイイですよね~

それまで 名前は知っていたものの 

出演映画を観る機会が無かったので よく知らなかったのですが、

イタリア女性の クールで 強くて セクシーで カッコイイ

全ての要素を兼ね備えている女性だと思います。

すっかりファンになってしまった私は 日本に帰国後

レンタルで ソフィア・ローレンの映画を借りまくりました(笑)

 

ちなみに 私が初めて観たイタリア映画は

 『Ladri di biciclette』(自転車泥棒) 1948年 監督:Vittorio De Sica

で、高校の映画鑑賞会(体育館でステージのスクリーンに映して鑑賞)で

観ました。ラストに衝撃を受けたことを今でも覚えています。

 

他に

  La strada』(道) 1954年 監督:Federico Fellini

  『Il ferroviere』(鉄道員) 1956年 監督:Pietro Germi

なども 古い映画ですが とても印象に残っています。

 

古いイタリア映画の名作は多いですが、私の印象では

イタリア映画って ラストがハッピーエンドで終わってくれない

ものが多い気がします。。。

 

近年でも 時々「イタリア映画祭」などに見に行ったり

「イタリア映画DVD鑑賞会」に行ったりして

イタリア映画を鑑賞する機会を作っていますが、

見終わった後、ズ~ン・・・と暗くなってしまうものも結構あって、

陽気なイタリア人のイメージとは異なる印象を受けます。

 

『Nuovo cinema paradiso』(ニュー・シネマ・パラダイス) 1988年

監督:Giuseppe Tornatore

は お気に入りの映画です。これは明るい気持ちで終われるからかも

しれません(笑)

 

あと ホラーでは   『Suspiria』(サスペリア)  1977年

監督:Dario Argento

これは子供の時に見たのですが  ゴブリン(Goblin)の音楽も不気味で 怖いです。

part2もあります。大人になってから  もう一度見たいなぁ〜と思っていたら、

たまたまDVDを見つけたので  思わず購入しちゃいました (笑)

 

日本でイタリア映画を観る機会は まだまだ少ないですよね。

もっとデジタル放送でも観ることが出来たらいいのに・・・と思っています。

最近の映画も観てみたいし。。。

そしたら イタリア語の勉強にも熱が入るのにな~(笑)