読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

映画の舞台『アレッツォ』へ

イタリア(旅)

Ciao! Emiです。

 

ウルバニアのイタリア語学校では 学生の為に

時々 日帰りの 小旅行(エスクルシオーネ escursione) が企画されます。

車をチャーターしてもらう関係で 数人(その時によって違う)の

参加者が集まれば 決行されます。

 

私が初めて参加した小旅行は アレッツォ(AREZZO) でした。

この時は 私の他 日本人のTくん、イギリス人のHとB、

デンマーク人のE、イギリス人のS の6人の参加でした。

 

ウルバニアは山の上にあるため、どこに行くにも 

カーブの多い山道を通らなければいけません。

自分で車を運転するようになってから 

車酔いはほとんどしなくなっていたのですが、

さすがに 右に左にと何度も揺れるカーブの道はかなりキツく、

目的地に到着する頃には かなりフラフラな状態になっていました(T_T)

 

アレッツォまでの距離はかなりあり、到着後もしばらくは

「今は話しかけないで・・・」という状態でしたが(笑)

町を散策するうちに 気分もすっかり良くなりました。

 

f:id:animarosea:20160821013236j:plain

 

アレッツォは ロベルト・ベニーニ監督のイタリア映画

ライフ・イズ・ビューティフル(La vita è  bella)』の舞台となった町です。

映画は 第二次世界大戦下のユダヤ人迫害を描いたもので

涙なくしては見られない映画ですが、音楽が素敵で

男の子の純真さと可愛さが際立つ 印象的な映画です。

 

映画は何度も見ましたが、その舞台となった地に立てたことは

とても感動的でした!

映画のシーンが思い起こされる街並み。

長い時を経た今も 変わらない雰囲気を持っているのが

イタリアの町の素晴らしい所だと思います。 

 

f:id:animarosea:20160821013249j:plain

 

昼食はみんなで リストランテ(ristorante=レストラン)に入り

私は ズッパ(zuppa=スープ)を頂きました。

イタリアのズッパは 食事の前の飲み物というより

メイン(パスタなどと同じ位置づけ)にもなるボリュームがあり

(パンも中に入っていたり)お店によって様々なバリエーションもあるので

いろいろ楽しめる お気に入りの料理の一つです。

 

ここでも チェラミカ(ceramimca=陶芸) 発見です!

12星座ですね~。 

そういえば イタリアでも星座占いは人気でした。

 

f:id:animarosea:20160821013315j:plain

 

アレッツォを満喫した後は、またあのカーブの多い山道を

車に揺られながら帰らなければならないのですが(^^;

帰りは疲れて眠ったりしていたので

何とか無事(?)に 帰ることが出来ました!

 

アレッツォ またぜひ訪れたい町です。