読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

イタリアで犬との出会い①

イタリア(生活)

Ciao! Emiです。

 

ウルバニアでホームステイをしていたお家に

白い犬のブリーナが居ました。当時すでにおばあちゃんだったのですが

小さくてとても可愛らしい犬でした。

私は大の犬好きなので、犬とはすぐに友達になれるのですが、

ブリーナもすぐになついてくれました☆

 

f:id:animarosea:20160815200433j:plain

 

 

ホームステイ先のお家は 同じ敷地内に2つの世帯が住んでいる形で

もう一方のお家には 茶色い犬のチャールリィが居ました。

彼はまだ若く いつも元気でした。

 

f:id:animarosea:20160815200451j:plain

 

家に帰ると まず外門を入った表側(?)のお家のガレージの所に

チャールリィが居て、いつも私に近づいてきてくれます。

彼はシッポが筆のような形で ピンとまっすぐ上に立っているので

私はさわってみたくてしょうがなかったのですが(笑)

そ~っと後ろからシッポをつかもうとすると すぐに察知して

「ワン!」と怒られます。。。何度もチャレンジしてみたのですが

結局 一度もつかませてくれませんでした。残念(ToT)

 

でもホームステイ先のお家の庭で 私がブリーナと遊んでいると

気になるのか トコトコ・・・と歩いて来て 

そっと建物の端の方から こっちを覗いてみているのです(笑)

一緒に遊びたいのかな~と思って 「こっちおいで~!」と呼ぶのですが

犬のテリトリーがあるのか、私がブリーナと一緒にいる時は

絶対に近づいて来ません。 でも 気になる~ って感じなのかな?

いっつも視線を感じてみてみると 彼がそっと影から見ていました。

 

ブリーナは いつも食事の時に私のイスの下に来て

「私にもちょ~だ~い!」とおねだりしてきます。

可愛くて思わずおすそわけしてあげたくなるのですが、

マンマに 「ダメよ!あっちに行ってなさい!」と言われて

シュン。。。と行ってしまうのですが、これがまた可愛い!

 

ある日、いつもの日課の夕食後の散歩から戻ると

家の扉が閉まっていました。(←いつもはその時間なら開いている)

その日はたまたま鍵を持って出なかったのですが、

散歩から帰る時間(夜9時過ぎ)には お父さんもマンマも家に居るので

大丈夫だろう・・・と思っていたのです。

すぐに帰ってくるかな~と思い、玄関の扉の前で待つことに。

 

しばらくすると ブリーナ一人散歩 から帰ってきました。

ウルバニアでは 結構、犬が自由に一人(?])で散歩してます。

住宅街はあまり車が通ることもなく 安全なのでしょうね。。。)

 

「扉を開けて・・・」と私を見上げるのですが、

「ごめんね。。。鍵 忘れちゃって入れないの。」と言うと

察知したのか 私の横にちょこんと座りこみました。

 

そうしているうちに辺りは暗くなり(日没が8時半位なので

9時半くらいまでは明るい) 暗闇の中でブリーナ

二人きり・・・寂しくなったので 日本の歌を歌い始めました。

すると チャールリィが「どうしたの?」と覗きに来ましたが

ブリーナが居たので 行ってしまいました。

 

ブリーナは私の歌をじっと聞いていて、そばを離れませんでした。

私たちは寄り添うように 暗闇の中で時が来るのを待っていたのです。

 

1時間半くらい経ったでしょうか? 夜の10時半ごろ

ようやくお父さんとマンマが帰って来たのです。

二人は暗闇の中にいる 私とブリーナを見て びっくりしていました。

「どうしたんだ~こんなところで! 鍵は?」

「散歩に行くときに鍵を忘れちゃって・・・ブリーナとここでずっと待ってたの。」

マンマ ミーア(Manma mia!=なんてことだ!)

 

ホントに マンマ ミーア・・・でしたが、

ブリーナが居てくれて どんなに心強かったことか。。。

一人で待っていたら どれだけ心細かったことでしょう。

小さい体で私を支えてくれた 大切な友達です。

ブリーナありがとう!