読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

ミイラ教会でミイラに触れる?!

Ciao! Emiです。

 

午前の学校のレッスンが終わって 学校を出るのが

ちょっと遅くなってしまった ある日のことです。

お腹も空いたし 何か買って帰るのも面倒くさいなぁ。。。と

学校の隣りにある ピッツェリアに行くと

クラスメイトのイギリス人男性 S が 一人で大きなピザを食べていました。

「あ~っS!Ciao! 」とあいさつし、私もピザを頼んで

一緒に昼食を食べました。

 

ピザを食べて少しおしゃべりしていたのですが、お互い暇だったので

散歩しよう! ということに。

それで町をプラプラ歩いていると ある教会の前を通りかかりました。

 

実は ウルバニア は知る人ぞ知る 「ミイラのある町」なのです!

そして その ミイラ(mummia) が安置されているのが

この Chiesa dei Morti (=死者の教会)なのです。

 

この教会には 男性12 女性6 の 計18体のミイラが

ガラスケースの中に立った状態で安置されています。

 

f:id:animarosea:20160817205958j:plain

 

このミイラ・・・実はとても珍しいものなのです。

なぜかというと、普通は特別な処理が施されてミイラ化されるのですが、

ここのミイラは 天然のカビ によって奇跡的に作られたものだそうです。

 

昔、教会裏にあった  共同墓地に埋葬されていた遺体に巻かれた布に

その場所にのみ生息していた とても珍しいカビが繁殖し、

そのカビが 遺体の腐敗を防止し、水分だけを除去させる働きをもっていて

少しずつ遺体を乾燥させ 長い時を経て天然のミイラを作りあげたそうです。

そのカビは ウルバニア 全体に生息するカビではなく、

この教会の裏の土地にのみ存在していたものだったそうです。

まさに 奇跡のミイラですね。

 

この教会を訪れた時、見学していたのは私たち二人だけだったので

教会の管理人のおじさまが 「特別にミイラを触らせてあげるよ」と

ガラスケースを開けてくれました。

 

友達のSは難色を示し遠慮したのですが、

『 ミイラにじかに触れられるなんて こんなチャンス人生に一度あるか

ないかよね!』 と好奇心旺盛な私は ありがたく触れさせて頂きました!

 

そんな貴重なお体に損傷をきたしては大変なので

そっと触れてみたのですが、固くしっかりしていました。

驚くことに歯や髪の毛、体毛なども残っている方もいらっしゃいました。

 

自ら志願してミイラとなる方々がいる一方、このミイラたちは

思いもかけずミイラになられたわけですから

まさか こんなf風にガラスケースに入れられて 何百年もの後に

人々の目に触れることになるとは 想像もしていなかったでしょうね。。。

 

貴重な体験をさせて頂き 感謝です。