読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローズ・フラワーアクセサリー 『アニマロゼア』ブログ

薔薇とイタリアを愛する Anima Rosea店長のブログ

イタリアで陶芸を体験しました

Ciao! Emiです。

 

ウルバニアのイタリア語学校のオプションレッスンで

チェラミカ(ceramica=陶芸) のコースを申込みました。

週2回のこのコースは ウルバニアでも有名な

陶芸家(アーティストでもある)の方が先生で

陶芸の制作工程の中で 成形や焼きではなく お皿に絵付けする

部分を習うというものでした。

 

もちろん先生は 窯も持っており 成形から自分でされるのですが

短期留学の私が週2回で成形から行うには

時間がなさすぎる(?)ので 絵付けを体験することになりました。

 

30代くらいの女性の先生で 結婚もされていて 

4歳の息子さんもいる方ですが 多方面で活躍されているようでした。

絵付けの色彩も独特の感性があり すごく心惹かれるデザインのものが

たくさんありました!

 

f:id:animarosea:20160812004115j:plain

 

f:id:animarosea:20160812004136j:plain

 

レッスンは 先生のお店兼工房になっている所で行われました。

イタリア語初心者なので 説明を聞きとるのも大変でしたが

気さくな先生で 会話の練習も兼ねて 色々おしゃべりもしてくださり

とても楽しいレッスンでした☆

 

先生に説明を受け、早速絵の下書きをすることに・・・

 

お皿への絵付けですが、ここでは お皿を台に立てて置き、

小指で長い棒をはさんで 手がぶれないように安定させながら

筆で描いていきます。

初めての手法で 慣れるまでなかなか大変でした。。。

 

 

こんな感じです。

お皿を回しながら 円状に絵を描いていきます。 

 

f:id:animarosea:20160812004555j:plain

 

全12回のコースで お皿を2枚 絵付けしました。

1枚目は 先生がデザインしたものを描きました。

完成品は こちらです。

 

f:id:animarosea:20160812004612j:plain

 

 

2枚目は 「自分でデザインして 自由に描いてみて!」

と言われたので 数日悩んだ末 デザインを考えました。

 

下書きは こんな感じ。。。

 

f:id:animarosea:20160812004702j:plain

 

 

色も自分で考えて 色付けをした後 窯で焼いてもらい

完成したのが こちらです。

 

f:id:animarosea:20160812004635j:plain

 

イタリアでも色々な地方で チェラミカ(陶芸) は行われていますが、

土地によって 色合いだったり 使い方だったり

特徴があります。(日本でも 陶器、磁器、炻器(せっき)などの種類や

 伊万里、美濃、有田、信楽など 焼き方も色々ありますね)

 

ウルバニアでは このように絵付けしたお皿などは

鑑賞用として制作していて 食器としての使用はしないそうです。 

 

レッスンで制作した2枚のお皿は 大切に持ち帰り

(スーツケースで持ち帰りましたが ものすごく気を使いまいした ^^;)

今でも大事にお部屋に飾っています。 

 

とてもいい思い出になりました!

留学後の旅行先でも チェラミカ(陶芸)の写真をいくつか

撮影しているので またいつか ご紹介できればと思っています。